有給消化中の出来事

柔術・投資・ミニマリズム

実家暮らしでミニマリストになるために

こんにちわ

 

僕は6万人程度の田舎町に住んでいます。

 

現在実家の離れに一人で暮らしています。

 

離れははかなり広く,正直持て余しています。

 

ここからミニマリストになるために,どうしたらよいのか,自分なりに考えてみました。

 

 

方針① ある部屋はせっかくなので,最大限利用する。

 

私は,現在3部屋(それぞれ7畳くらい)を自由に使える環境にあります。実家という事

 

で家賃もタダ。非常に恵まれていると感じます。3部屋のうち,1部屋だけ利用して残り

 

の部屋はシャットアウトする事も考えたのですが,流石にもったいないですし,すぐそば

 

に使える部屋があるのに,意識的に遠ざけるのは無理があるように感じましたので,やめ

 

ました。

 

方針② 部屋の機能を制限し,各部屋ごとに最大化する。

 

自由に使える3部屋をそれぞれ,「寝るためだけの部屋」,「書斎」,「柔術の補強トレー

 

ニングを行う部屋」に分類し,各部屋の機能を最大化する事にしました。

 

洋服の管理,洗面やお風呂などは実家のほうで可能なので,それは実家にアウトソース笑

 

しようと考えています。

 

僕の好きなミニマリスト「しぶ」さんが以下のような記事を書いています。

 

sibu2.com

 

僕もこの考え方に全面的に賛成です。

 

ひと昔前に流行ったエッセンシャル思考にも通じる考え方ですが,人間の能力,それも僕

 

のような凡人はリソースが限られているので,必要だと思う事にある程度全力しないと

 

思うような結果は得られません。

 

ただ広いだけの部屋を持て余すのではなく,僕の人生にとって重要な事は何か見極めて,

 

不要な機能は排除する事で,最大限の結果が得られると考えています。

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

 

寝るためだけの部屋の現状」

 

こちらが寝るためだけの部屋です。

 

和室なのですが,掛け軸があり,ふすまの中には布団やら,読まないけど,捨てたら後悔しそ

 

うな本が眠っています。

 

f:id:flyme-shiro:20171107201303j:plain

 

布団は三層重ねで,上から「低反発マット」→普通の敷き布団→「高反発マット」という

 

構造になっています。三層も重ねると毎朝片づけるのが面倒でどうしても万年床になっ

 

てしまいます。けれどこの構造だと本当に長時間寝ていても腰が痛くなりません。寝る

 

ための部屋という事であれば,万年床でもいいのかなと思っています。

 

ただ見た目がごちゃごちゃしているので,布団にはは何かしらの改善を加えたいと考えて

います。

 

また,現在僕は睡眠の質が良くないので,ぐっすり眠れるための工夫もしていきたいと考

 

えています。

 

「書斎の現状」

 

こちらが書斎の現状です。

 

f:id:flyme-shiro:20171107201334j:plain

炬燵の上にSONYのPCがあり,小さな本棚があります。MDコンポは全く使用してい

 

ないので,撤去予定です。

 

書斎の使用目的は

 

①投資活動

 

柔術の研究

 

③仕事のための勉強

 

④服の収納

 

です。

 

基本PCがあれば,成り立つので,書籍はかなり減らせるはずです。

 

書籍,コンプのある場所に服を収納する予定です。

 

柔術の補強トレーニングを行う部屋の現状」

 

こちらが柔術の補強トレーニングを行う部屋の現状です。

f:id:flyme-shiro:20171107201644j:plain

 

柔術のマット運動などをこの場所で行えればと考えています。

 

そのほか,コンデショニングに必要な道具をいくつかこの部屋に移動する予定です。

 

 

以上,現段階では,物が多く,ミニマリストを目指すには恥ずかしいレベルですが,段々と目

指していきたいと思っています。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。